美容整形でほうれい線対策 - ほうれい線治療比較サイト

美容整形でほうれい線対策

クリームを塗ったり等の自身でやるほうれい線対策に限界を感じた際にエステや美容外科など、プロに任せた方がよいだろう、と考える人がいらっしゃるかと思います。

・・・が、結論から申しますと、プロであっても、エステにはやめたほうがいいでしょう。

理由はエステティシャンはあくまで民間資格であって医療行為はできませんし、医師免許と比べると資格取得や認定もはるかに容易なので、担当してくれる方の技術力の大差があり、リスクがどうしても出てしまいます。

どうしてもプロにとお考えであれば、美容外科に行った方が無難でしょう。

医師免許は資格の難易度トップクラスです。何より、エステではできない「医療行為」が出来るという強みがあります。

ということから当サイトでは、美容外科で行なわれる、ほうれい線対策のついてまとめてみました。


1、注射によるほうれい線対策

ほうれい線治療で使われる手法はといえば、注射による治療でしょう。
コラーゲンやヒアルロン酸、ボトックス等を注入する注射の治療が一般的です。

注射治療は「日帰りで手軽にできますが、効果が長続きしない」というのデメリットがあります。

医療行為でも一度やれば効果が永久というものではありません。

また、この中で注意をしなければいけないのはボトックス注射です。
ボトックスは「物理的に表情筋の動きを抑制する」という性質があることから、「口を動かしづらくなる」「食事の際、噛みごたえのある食べ物を食べるとあごが疲れやすくなる」などといった自覚症状が出ることがあるようです。
さらにボトックスというのは「ボツリヌス毒素」から抽出した成分なので、成分そのものにリスクが少なからずあるのです。しかもそのリスクは注射部位だけでなく、全身におよんできます。
その証拠に、ボトックス注射をする際は、まともな医師であれば「注射後3ヶ月程度は避妊するように」と忠告するほどなのです。
つまり、ボトックス注射は胎児に影響を与えるほどのリスクがあると医学的に認識されているのです。
ボトックス注射によって重大な副作用が起こる頻度はそれほど高くはありませんが、「毒素からできたものだけに、より注意すべき点がある」ということだけは忘れないようにしましょう。